名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日のつれづれ no.567 〜宮台真司『中学生からの愛に授業』-恋と愛-より〜

2017.10.21 【579日連続投稿】 「愛」はまた少し違う。「恋」が「単なる非日常」だとすると、「愛」は日常を奇跡だと受け止められる感受性と結びつく。いわば「日常という非日常」だ。日常を奇跡だと受け止める感受性は、数限りない失敗と挫折と不幸を経験し…

読物つれづれ no.9 〜細谷功『具体と抽象』-世界が変わって見える知性のしくみ-〜

2017.10.20 【578日連続投稿】 読物つれづれとは、私が読んだ本の記録として、感想、気付き、印象に残った箇所を紹介したりするものです。 9冊目に読んだ本は、『具体と抽象 -世界が変わって見える知性のしくみ』(著:細川功)です。 この本も寺子屋塾に置…

本日のつれづれ no.566 〜これから読む本part3 國分功一郎『中動態の世界』-意志と責任の考古学-〜

2017.10.19 【577日連続投稿】 これから読みたい本の3冊目は、國分功一郎『中動態の世界』-意志と責任の考古学-です。 「中動態とは何か?」 タイトルを見た時にまず思ったことです。 そして見開きの(本文より)のところに書いてあることばからこの本への興…

本日のつれづれ no.565 〜これから読む本part2 宮台真司『14歳からの社会学』-これからの社会を生きる君に-〜

2017.10.18 【576日連続投稿】 これから読む本の2冊目として、宮台真司さんの『14歳からの社会学』-これからの社会を生きる君に-があります。 宮台さんを知ったのは『中学生からの愛の授業』という本から知りました。 中学生や14歳からのシリーズで難しい言…

本日のつれづれ no.564 〜メモしておくことを大切にしたい〜

2017.10.17 【575日連続投稿】 今日、ブログを書こうとした時、朝通勤電車に乗っている時に 「あっ、これはブログに書けそうで書きたいことだ」というものに気付いた。 でも、いざ帰りの電車のなかで書こうとすると「書きたいと思ったことはあったんだが、な…

本日のつれづれ no.563 〜本に過剰な期待をしない〜

2017.10.16 【574日連続投稿】 細谷功さんの『具体と抽象』という本を読み進めているのですが、この本って難しいなぁと感じていた気持ちを寺子屋塾で数人の方と話していると、色々見えてきたのです。 特に、自分自身がハッとさせられたことは、この本を読む…

本日のつれづれ no.562 〜細谷功『具体と抽象』は読み始めて〜

2017.10.15 【573日連続投稿】 細谷功さんの『具体と抽象』を読み始めています。とても読みやすく、文字数も多くないので既に半分くらい読んでいます。 その中で思ったことは、「具体と抽象」というテーマが密接に私たちの生活に繋がっていて、誰もが関係す…

第10回インタビューゲーム会@サムハプを終えて

2017.10.14 【572日連続投稿】 本日、第10回インタビューゲーム会@サムハプを行いました。 昨年の7月から始めた取り組みが気付けば10回目となりまして、節目の会だったのだなぁと思います。 さて、今回参加してくださったのは、社会人男性4名です。皆さんイ…

本日のつれづれ no.561 〜大名古屋ビルヂング地下1Fのベンチでらくだプリントをしてみて〜

2017.10.13 【571日連続投稿】 今日は、約2ヶ月ぶりに居酒屋で飲む日なのです。 飲む前に、らくだプリントとブログを書くことを終えておこうと思い、名古屋駅でどこか算数のプリントができそうな場所はないかと探しました。 今までは、らくだプリント一枚や…

本日のつれづれ no.560 〜ブログで仕事のことを書かないことから大きな発見〜

2017.10.12 【570日連続投稿】 昨日、寺子屋塾に行った時に私が一昨日に書いたブログが少し話題になった時に、発見したことがありました。 まずは、一昨日書いた記事がこちら ↓↓↓↓↓↓ 本日のつれづれ no.558 〜悩みはそのうちなくなるという気付き〜 - 名前?…

本日のつれづれ no.559 〜これからは「具体と抽象 -世界が変わって見える知性のしくみ-」を読みます〜

2017.10.11 【569日連続投稿】 『逝きし世の面影』を約3ヶ月かけて読み終え、次なる読む本はこちら。 本当に最近は、寺子屋塾に通っていると読みたい本には困らない。いや、読みたい本がありすぎて困るくらいなのです。 この本も寺子屋塾で出会いました。 「…

本日のつれづれ no.558 〜悩みはそのうちなくなるという気付き〜

2017.10.10 【568日連続投稿】 悩みは悩んでいるときは、結構苦しい。 毎日一年前の自分の記事を読み返していると、時々「こんなしょうもないことに悩んでいたのか」と思う時がある。 それは、今は当時悩んでいたであろうことに悩んでいないということでもあ…

本日のつれづれ no.557 〜阿部謹也『自分のなかに歴史をよむ』-人はなぜ人を差別するのか-②〜

2017.10.09 【567日連続投稿】 これらの職業は、小宇宙と大宇宙の狭間に成立し、大宇宙を相手にする特異な能力を持つ人間として、定住民から畏怖の目で みられていました。しかし、キリスト教は二つの宇宙の構図を否定したのです。 すでにお話ししたように、…

本日のつれづれ no.556 〜怒ってはいけない?〜

2017.10.08 【566日連続投稿】 近年よく、怒っている人は自分の正義を暴力に変えているように周りから見られ、判断されるような傾向があると感じている。 教育におけるとちょっとややこしい。 「怒る」と「叱る」の違いなどを教員採用試験で聞かれることもあ…

本日のつれづれ no.555 〜阿部謹也『自分のなかに歴史をよむ』-人はなぜ人を差別するのか-①〜

2017.10.07 【565日連続投稿】 すでに第5章でみたように、数多くの被差別民が成立するのが十三、四世紀以降でした。それは高位聖職者や家長などによって行われていたのです。 そのころまで、それらの仕事が賤しいものだと、だれも考えてはいなかったように思…

読物つれづれ no.8 〜渡辺京二『逝きし世の面影』〜

2017.10.06 【564日連続投稿】 読物つれづれとは、私が読んだ本の記録として、感想、気付き、印象に残った箇所を紹介したりするものです。 8冊目に読んだ本は、『逝きし世の面影』(著:渡辺京二)です。 この本は私が7月から約3ヶ月間かけて読んだ一冊です…

本日のつれづれ no.553 〜ついに『逝きし世の面影』を読み終えました。〜

2017.10.05 【563日連続投稿】 ついに7月から読んでいた『逝きし世の面影』(著」:渡辺京二)という本を読み終えました。 おそらく、私の人生でこんなに一冊の本に時間をかけて読み終える経験はなかったように思います。それだけ、この本が私にとっては難し…

本日のつれづれ no.552 〜自分を知るためにできること〜

2017.10.04 【562日連続投稿】 多分、思考って偏ってる。 今晩の夕食の献立を考えている時に同時に明日の朝食の献立は考えられない。 仮に朝食のことも考えられると思っても、その瞬間は一旦夕食のことは考えていない。 自分のことを考えてる時に相手のこと…

本日のつれづれ no.551 〜逃げてもいい。【らくだプリントより思ったこと】〜

2017.10.03 【561日連続投稿】 らくだプリント小6-29で初めて途中で計算を解くのを断念しました。 計算の内容は、中学校に習う方程式の前段階の学習です。 これがなかなか難しい。 方程式のようで方程式じゃないという認識で解いていた。 方程式だったら、分…

本日のつれづれ no.550 〜らくだプリント小学校課程を終えて〜

2017.10.02 【560日連続投稿】 2016年8月からはじめたらくだプリントが昨日で幼児〜小学校課程を一通り終えました。らくだプリントをはじめて1年と2ヶ月が経ち、数えきれないほどの気付きがあるのですが、今日だからこそ自分から発せられる言葉を残したいと…

本日のつれづれ no.549 〜STEP SEASON 5が始動しました〜

2017.10.01 【559日連続投稿】 昨夜、ついにSTEP SEASON Ⅴが動き出しました。 STEPとは?? 「教育をより良くしたい人たちが集まるコミュニティづくり」 というコンセプトを掲げて2012年に発足した団体です。 昨年まで名古屋市覚王山にある私塾「ことばこ」…

本日のつれづれ no.548 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第14章-心の垣根-⑤〜

2017.09.30 【558日連続投稿】 おのれという存在にたしかな個を感じるということは、心の垣根が高くなるということだった。宿屋の話に戻るなら、同宿の客が騒ぎ始めたとき、まあ俺だって仲間連れならあんなふうに騒ぎたくもなるだろうと観念すれば、一晩を悶…

本日のつれづれ no.547 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第14章-心の垣根-⑤〜

2017.09.29 【557日連続投稿】 幕末に異邦人たちが目撃した徳川後期文明は、一つの完成された域に達した文明だった。それはその成員の親和と幸福感、あたえられた生を無欲に楽しむ気楽さと諦念、自然環境と日月の運行を年中行事として生活化する仕組みにおい…

本日のつれづれ no.546 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第14章-心の垣根-④〜

2017.09.28 【556日連続投稿】 人びとを隔てる心の垣根は低かった。彼らは陽気でひとなつこくわだかまりがなかった。モースが言っている。「下層民が特に過度に機嫌がいいのは驚く程である。一例として、人力車夫が、支払われた賃銀を足りぬと信じる理由をも…

本日のつれづれ no.545 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第14章-心の垣根-③〜

2017.9.27 【555日連続投稿】 その安息と神話の世界には、狂者さえ参入を許されていた。フォーチュンはディクソンら友人とともに鎌倉を訪ねたが、町中に入ると女が一人道路の真中に座りこみ、服を脱いで裸になって煙草を吸い始めた。明らかに気が違っている…

本日のつれづれ no.544 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第14章-心の垣根-②〜

2017.09.26 【554日連続投稿】 幕末日本を訪れた観察者の前に現れたのは、こういう平和と安息の世界だったもである。それは彼らの期待と夢想によって異常に拡大された明るい側面にすぎない、という批判が聞こえてくる。しかし、暗い側面をあげつらうのは批判…

本日のつれづれ no.543 〜9月の去年と今年の週末を比べてみました〜

2017.09.25 【553日連続投稿】 そういえば、最近の休日は家から一歩も出ずにダラダラと過ごすことがない。 昨年の9月ブログ記事などから、昨年の9月の土日のどちらかは、家にいる週末がほとんどでした。 それに対して、今月はずっと家にいた日はないんですね…

本日のつれづれ no.542 〜 THIS IS CAMP 〜

2017.09.24 【552日連続投稿】 9月23日、24日の二日間で静岡県掛川市にある明ヶ島キャンプ場でキャンプしてきました。 キャンプ欲の火付け役となった思い出の地に再び行ってきました。 今回のテーマは「THIS IS CAMP」。 この夏キャンプグッズをある程度揃え…

本日のつれづれ no.541 〜キャンプだホイ。〜

2017.09.23 【551日連続投稿】 ついにっ待ちに待ったキャンプ。 今回は、僕のキャンプ欲を駆り立てるきっかけとなった場所に行ってきます。 その場所は電波が届かないので、23日の14時頃〜24日11時頃まで連絡取れません。 天気も数日前までは雨でしたが、て…

本日のつれづれ no.540 〜キラキラしようとしないということ〜

2017.09.22 【550日連続投稿】 好きなこと、やりたいこと、夢中になれることをやるのは良いことだ、という考え方がある。 確かに、好きなこと、やりたいこと、夢中になれることをやってる人は端から見て輝いているように見える。 できれば、ずっとやっていた…