名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日のつれづれ no.32 〜ゆるく生きる〜

毎日誰か1人からは「お前は甘い!」と鼓舞して頂いている、ひろやすです。

今日は先日のブログで書いたまなゆいカフェをやる予定でした。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

しかし、最も肝心な方が予定が入ってたらしく

急遽、開催中止に、、、笑


参加してくれる方はとても楽しみにしてくれていて

僕は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

あーもっと準備して進めるべきだったなとか

色々思ったのですが、

参加してくれる方から
「まなゆいしなくても、お話ししませんか?」とメッセージがきました。

正直、その連絡が入った時は少し落ち込んでいたので会うかどうか迷いました。

でも、こちらの事情で迷惑かけたし会いました。

その方とお話して、

まなゆいしたかったんだなぁ〜
まなゆいを必要としてたんだなぁ〜

と思いました。

最終的には、まなゆいができなかったけど

「お話できてよかった」と言ってくれました。


今日のタイトルで   〜ゆるく生きる〜  とつけたのは

自分のことが嫌いな人

自分を責めたりする人

理想と現実のギャップに苦しんでいる人

なんか自分で自分の首を絞めている人多くない⁈

と思ったわけであります。
(22歳にの若造が出すぎたことを言っているのは重々承知しております。)
(でも、今感じていることを素直に綴らせてください。)

そんなこと言ってる僕も

2年前は自分のことが嫌いだったし

それを埋めようともがきまくってた。

部活、授業、バイト、学外での活動、、、夜勤で少しの暇が睡眠の時間

いつの間にか、ひろやすは遅刻する人と思われていた。笑

嫌いな自分と見ないように自分なりに頑張っていました。

周りから「頑張ってるね」と言われることが一つの生きがいだったのかもしれません。

でも、色んな人に出会う中で

自然とこの人達と一緒に居たいと思って

その人たちと一緒にいることが多くなった。

気づいたら、

自分を責めることは少なくなって

自分の歩んできた人生に誇りをもってて

人と関わることが好きになってきて

人生は楽しいと思うようになっていた。

サムハプ住人の太地くんに

「出会った時は本当に病んでたね。笑」

と言われたことがそれを物語っている。笑



僕がいうゆるく生きるってことは

自分を責めない

どんな自分もオッケー?

どんな時の自分も100点満点

って思って生きるってこと。

そうしていると、本当に力を入れたい時にグッと入る。

自分を否定してくる人がいたとしても

これが自分の生き方の一部

自分の人生は自分にしか決められない。

人間同じようで、みんな違う。

自分のことは自分にしか分からない。

誰かを認めようとして、それができなくて自分を責めるより

まずは、「全部受け入れなくていいんだよ」と自分を受け入れることが大切だな

っとふと思った。

おわり。