読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

インタビューゲーム日記 no.2 〜ヨガインストラクターとやりました〜

久しぶりにインタビューゲームを行いました。

インタビューゲームとは??

2人組となり、20分間ずつインタビューし合うものです。
最後にインタビューしたり相手になったつもりで自己紹介文を作成します。

●3つのルール
①何を聞いてもいい
②話したくないことは話さなくてもいい
③聞かれていなくても話していい

これに従って行います。

今回は、インタビューゲームを何度も行っているヨガのインストラクターの方と行いました。

僕はインタビューする方が緊張します。

何を聞いていいのか?
そもそも自分は何を聞きたいのか分からないことがあるからです。

それは、一発の質問で相手のことを分かろうとする質問でなければならないとか

気づかないうちに色々と自分に制約をかけているのだなぁと思います。

でも、今回は問いを投げかけることに対しては
ぎこちなさなくできました。

それは、相手がたくさん話してくれるから
その間にゆっくり次の問いを探せられるからだったと思います。

普段からもそうです。
比較的お喋りな人とは
ぱっと見うまくコミュニケーションが取れているような感じがします。

でも、あまり喋りたがらない人は
どう話を広げたらいいのか困ります。

困った挙句、別に無理に喋らなくてもいっかという気分になることが多い気がします。

今後の僕の課題は、
いかに瞬時の判断で、相手のことをより知れる問いを発問できるか?
だと思う。

このことは、インタビューゲーム以外でも感じていた。


社会人の人からは、
コンパの経験がないからだ。
お前は風俗行くしかないな。
もっと遊べ。
とか色々言っていただきます。

それもアリなんだろうけど、
僕はインタビューゲームでもっと磨来ていきたいと思う。

だって、インタビューゲームで僕が今の課題を克服できたら、
みんなわざわざ大義名分を持って、そういう遊びをしなくていいから。
インタビューゲームだったら、誰でもできるしね!

なんか少しのそれてしまった。

インタビューされた時は、最近語っていなかった分たくさん話した。
何を話してもいい。
聞かれていないことも話してもいいが上手いこと働いたようだ。

インタビューゲーム100人達成まであと98人。

気長にやっていこう。

f:id:hiro22yasu13:20160411003024j:image

おわり。