読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日のつれづれ no.324 〜他人や周囲とのズレは単なる「ズレ」でしかない〜

本日のつれづれ

2017.01.31  【316日連続投稿】

 

昨日急遽スクールバスに添乗することになりまして、今朝は早起きして高浜市へ向かっています。

 

仕事を始める前は、淡々と仕事をする変わらない日々が待っているような印象を抱いていましたが、今の所は毎日何かしらの変化があって、抱いていた印象とは異なる日々を過ごしているなぁと思います。

 

スクールバスへの添乗の話は、昨日私が帰ろうとしていた時に言われました。見ていた周りの先生からは、

「断ってもいいんだよ」

「変わろうか」

など言われる方もいれば、

 

「なんであなたを心配して、体調崩してるのに頑張ってる自分に一言もないの」

と言われる人もおられました。

 

私としては、「明日だけだし、バスの中で生徒とゆっくり話せるのもいいな」と思ってました。なんだか普段と違う感じで、自分の中では修学旅行前日の様な気分でした。

 

私が抜けることで、登校時に生徒のお迎えなどで学年の先生方の動きが変わり、多少なりとも周りに影響はあると思いますが、そんなにあれこれ言うことでもないよなぁと感じてました。

 

誰かに何かの話が舞い込んでくれば、話を受けた本人以上に、周りが反応する環境なのかなぁと思ってしまいました。

 

最近、自分と他人や周囲とのズレを感じることや意識することがよくあるなぁと思います。しかし、そのズレはネガティヴなものでなく、ただ「ズレ」以外の何物でもないのだとつくづく思います。

ズレと何かを結びつけてしまいがちですが、それは先入観や偏見などによって自分が勝手に結びつけることに過ぎないのだなぁと思います。

 

むしろ、そのズレが「面白いなぁ」「素敵だなぁ」に変わっていくことは自分の先入観や偏見を外して相手や周囲を見ようと心掛けていることに繋がる気がしました。

 

電車に揺られていると、久しぶりに日の出を見ることができ、穏やかな気持ちです。

 

学校に着いたら、クラスのバス好きな生徒に「今日はバスに乗ってきたよ〜」と、自慢してみようと思います。

 

おわり。