読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

インタビューゲーム日記 no.9 〜本気だけど、未熟な自分〜

インタビューゲーム日記

2016.05.21 【61日連続投稿】

 
インタビューゲーム9人目のお相手をして下さったのは、岡田美春さん。
 
しまった、ツーショット写真を撮るのをすっかり忘れていた。。。
 
写真を撮る時間さえ惜しく、ずっと話してたのでしょう。
 
美春さんは、ことばこの生き方講座でお会いしました。
 
今回のインタビューゲームでもお話の中でも出てきましたが、
 
「人は二度死ぬ」という言葉が印象に残っています。
一度目は、肉体が死ぬ時
二度目は、その人が生きたことを知る人がいなくなる時
 
美春さんとのインタビューゲームで、気付いたことは沢山あり過ぎて綴りきれなさそう。
 
でも、思うまま綴っていこうと思う。
 
もう一生会うことのできない親友が僕には2人います。
 
でも、彼らはずっと僕の側にいてくれるんだと実感できました。
 
その体験が出来たのは、美春さんが聞いてくれたからです。
 
やはり、インタビューゲームによって自分一人だけだと、気づくことができないことを気づけると再認識しました。
 
前回のインタビューゲームから思っていたことだけど、頭で問いを考えるよりこの人とどうなりたいかと思えばいいかもしれない。
 
20分という時間を相手と共にどう築き上げるか。
 
もし、一生のうちこの人と話すことができるのは20分だけだと思えば、これからずっと続いていく関係と考えているより深く聞いていきたいと思える気がする。
 
そして、自分自身の課題も自覚出来た。
 
インタビューゲームにおける課題というよりも人生の課題。
 
やっぱり僕はまだまだ自分中心で考えちゃってる。
 
話す時もどう思われるのか?
インタビューを終えて書く時もどう思われるか?
よ〜く自分を観察すると、そういう自分が絶対出てくる。
 
上手く隠れているようだけど、最近はそういう自分がいることを敏感に見つけれれる。
 
仕事もプライベートも結局その人の生き方(ライフスタイル)が出る。
 
そういう自分がいるなって思ってると、
「最近ぶれていませんか?甘えていませんか?」と投げかけてくれる人がいてくれます。
 
言われると「本気なんだけどな、、、」と思うけど
 
相手から「甘えに映っている」とも思える。
 
仕事ともプライベートも「本気かもしれないけど、まだまだ未熟な自分」と思えました。
 
でも、以前の自分と違うのは
 
人から言われたことそのままを動機・やる気にしないこと。
 
なぜなら、そのまま人から言われたことをやることにはいつか終わりがあり、空虚感だけが残ると思うから。
 
そして、色んな意見を一度はちゃんと受け止める姿勢が出てきたこと。
(前は、全部受け入れちゃって苦しい時もあった。)
 
自分でも賢くない生き方をしていると思うが、
一歩一歩進んでいこうと思う。
 
未熟な自分っていうのは、自分に傷つくことを恐れている自分のこと。
 
でもね、「人は傷つくほど輝く」
死ぬこと以外はかすり傷って本当なのかもしれないな。
 
このタイミングで美春さんとインタビューできて本当に良かった。
 
f:id:hiro22yasu13:20160521215504j:image
 
おわり。