名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

no.1834 〜お金に困らなかったら、働かない?〜

2021.05.17 【1866日連続投稿】

 

利用者さんとの面談で、「お金に困ってないから、働く気にはならない」ということを話されていました。

 

たしかに、働くことの目的をお金を稼ぐこととしていれば、働かなくてもよいでしょう。

 

しかし、働くことには別の意味もあることを体験したことないことが、問題ではないかと考えました。

 

利用者さんがそういう価値観になるということは、別の価値観を知らないことが第一の理由として挙げられるなと思います。

 

相手の価値観を否定して、変えようとするのではなく、どんな体験を提供できるか?を考えることが重要だと思いました。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

 

no.1833 ~教師塾 オンライン読書会②「生きる技法」を読み合う 感想~

2021.05.16 【1865日連続投稿】

 

本日は、私と愛知県の工業高校の教員をやられている西尾亮さんと運営している「教師塾」として、オンライン読書会を開催しました。

 

テーマ本は「生きる技法」(著:安冨歩)で、3月に引き続き2回目の開催です。

結果、私と西尾さんも含め7名で実施しました。

 

読書会と言っても様々な方法があると思うんですが、音読しあって、感想をシェアするという方式を取りました。

 

この狙いとしては、黙読と音読では、精読の質が変わってくることに由来しています。

また、何度も読んだことがある人と初めて読む人など様々な人の感想が共有される場での化学反応が面白くなりますし、同じ箇所を読んでも解釈は人それぞれあるため、一人で読むよりも理解が深まるという狙いもあります。

 

今回は第2章「友だちについて」の途中から第3章「愛について」の終わりまで読み進めました。

 

今回読んだ中で私が印象に残った箇所をご紹介します。

 自愛が自分自身を受け入れ、大切にすることであるのと逆に、自己愛は、自己嫌悪から生じます。自己嫌悪とは、自分自身を自分自身としてそのまま受け入れることができない状態です。そして、自分のあるべき姿を思い描き、自分がそれとズレていることに嫌悪感や罪悪感を抱くのです。

 これはその人が勝手にやっているわけではありません。自分とは異なる像を自分の像として、誰かに押し付けられていることから生じます。その上、押し付けられているという事実を自ら隠蔽するのです。 こうやって押し付けられた像があるべき姿となり、それとズレた自分の姿を嫌うのが自己嫌悪です。

 このような自己嫌悪に陥っている場合、生きることは大変つらくなります。なにしろ、自分自身が嫌でたまらないということは、自分自身から逃げたいということになりますが、それは不可能です。そこで、なんとかその埋め合わせをせねばなりません。その埋め合わせの手段の第一が、自分の姿を偽装して、自分に押し付けられた像に一致させることです。こうやって悦にいるのが自己愛です。

 

『生きる技法』(著:安冨歩)p61~62

 

この部分を読んで、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(著:二村ヒトシ)という本に出てくる「心の穴」「自己受容」「インチキ自己肯定」の部分に繋がってくるなと思いながら読んでいました。

 

自分を自己嫌悪してしまうのは、全く自分のせいではない。

親や学校や環境によって、自己嫌悪してしまう。

しかし、放っておけば自己嫌悪し続けてしまうので、そんな自分に気付いて自己嫌悪してしまう原因なんて、誰かから押し付けられた価値観で、今の自分の現状を受け入れ「実際自分はどう生きていきたいのか?」を考えることが大切なんだということが見えてきます。

 

 次回は、6月20日(日)10~12時で第4章「貨幣について」を読んでいきます。

 

イベントページはまだできておりませんが、参加希望の方は是非予定を空けておいていただきたいです。

 

【本日の晩酌】

f:id:hiro22yasu13:20210516200108j:image

おわり。

本日のつれづれ no.1832 〜多分、そいつ今ごろパフェとか食ってるよ。〜

2021.05.15 【1864日連続投稿】

 

何度かテレビで目にした本『多分、そいつ今ごろパフェとか食ってるよ。』という本がある。

 

ちょっとした出来事や一言で、悩む人は多い。

 

しかし、当の相手は、あなたにそんなに関心はなく「今ごろ、パフェとか食ってるんじゃね?」くらいのノリでゆるく軽く考えればいいのだ。

 

自分がつくる観念から抜け出すための一つの方法だと思いました。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1831 〜雑音を気にせず、進むべし〜

2021.05.14 【1863日連続投稿】

 

周りのことをとやかく言う暇があるのであれば、自らのやるべきことに身を投じていけばいい。

 

自らの理念があるのであれば、それに向かって進めばいい。

 

常に理念を確認しながら、行動が理念に沿っているか確かめながら。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1830 〜広く見渡すと価値観が変わる〜

2021.05.13 【1862日連続投稿】

 

今日は、仕事のお話になります。

 

障害がある方の就労支援が私の仕事で、基本的には障害者手帳をお持ちの方や病院から診断書などがある方を対象に携わっています。

 

しかし、時々現状の規定ではサービス対象にならない方から相談を受けるケースもあります。

 

「正直、それってうちで対応すべき(できる)のか?」という気持ちになりつつも、他にも頼るべきところがなく、本人が希望があればサービスが受けられるように調整したこともあります。

 

または、それは就労をメインで支援する立場なのに、生活面や家庭の事情の支援も行うこともあり、やってもいいのか?などもどかしさもありました。

 

しかし、今日は他の自治体の方々から縦割りの壁をできるだけ低くして、行政も民間も協働しているケースを聞きました。

 

勉強となったと同時に、「うちの会社や私が目指してやっていることは、間違っちゃいないんだ」と勇気づけられもしました。

 

広く見渡すこと・足元も見ることの両方大切にしつつ、歩み続けます。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1829 ~相手が重んじていることは何か?~

2021.05.12 【1861日連続投稿】

 

「この人、話が通じないなぁ」という時って誰しもあると思います。

特に難しい話をしているわけでもなく、想いの話をしているときなど当てはまるときがあるのではないでしょうか?

 

その時には、相手にしない選択を取れる場合もあれば、相手にしなければ前に進めない場合もあると思います。

 

話が通じない相手に向き合う初手として大事なのは、「相手は何を重んじていて、こちらの話が通じないのか?」と考えることです。

 

話が通じないのは、よほど己の話が下手なのか?誠意がないのか?以外に考えると、相手にも思うところがあるから、分かってもらえないわけです。

 

だから、相手の立場に立って、相手以上に相手になりきることが重要なんだと思います。

 

それがめんどくさいのであれば、それはもうそこまでじゃないかなって思います。

 

伝わってほしい相手がいるのであれば、自分ができることをやるだけなのです。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1828 ~なぜ人を叩いてしまうのか?~

2021.05.11 【1860日連続投稿】

 

人を叩く(バッシングする)のはいつの世でもなくなる気配をみせない。

 

誰かが気になる動きがあると、一定の世間は必要ないほどに叩くのはなんでなのか?

 

バッシングされる事柄次第で理由は異なるだろうが、これらが考えられるのではないだろうか?

 

①絶対悪をつくって、自分を保ちたい

②知らないことに対しては、怖いと思ってしまう

 

大きく考えてこんな感じだが、叩く人を悪と私はしたいわけでない。

 

人を叩くという現象が行き過ぎることで、叩く対象にされた人は必要以上の罰を受けるのは見ていて心地よくはないため、その根本は何だ?と純粋に思った次第だ。

 

叩く行為は、小石を1つ投げるくらいの気持ちかもしれないし、もっと軽い気持ちかもしれないが、それが100、1000、10000となれば投げられた側はただじゃすまない。

 

物事を一面に見るのではなく、誰かの立場に立つことは忘れてはならないと思っている。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1827 ~自分の活躍できる場に身を置くこと~

2021.05.10 【1859日連続投稿】

 

自分をよく知っている人は、自分が活躍できないところに身を置くことが上手い。

 

分かっているのにも関わらず、自分が苦手でどうしようもないところにしか身を置かない人は、相当な覚悟がある人だろう。

 

しかし、大抵の方が何が自分にとってハマるものなのか分かっていなかったりする。

 

正直、簡単に分かるものではないし、一朝一夕に活躍できるものなんてあまりない。

 

だが、これだけは言えるのは、磨き続けて輝かないものはないので、継続し続けられるものは自分が活躍できる可能性が秘めているのではないかと思うし、続ける中で自分がどんなっているのか自然と分かってくるのだと思う。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1826 〜前提を取っ払って考えてみたい〜

2021.05.09 【1858日連続投稿】

 

ある前提があって初めて成り立つものは、この世にたくさん存在する。

 

医者が言うのだから信頼できるだろうという意識もそうだし、働いて稼いで自立していることが立派であるとかも何かの共同幻想なのだと思う。

 

一旦、その前提や共同幻想を取っ払って考えてみたら、大した事象ではないのに、ある前提を置いて考えただけで、失敗や問題があることになってしまう。

 

やはり、私はどんな前提や共同幻想も一旦取っ払って考える工程は外したくないなと思います。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1825 〜どんな経験も糧にできるかどうかは自分次第〜

2021.05.08 【1857日連続投稿】

 

経験をどう捉えるかは自分次第。

 

その時その瞬間は、できれば起こってほしくなかったことでも、後から自分の糧にすることができれば、それは価値ある経験に変わる。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。