名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

no.2463 〜分かるとできるは違う〜

2023.02.03 【2497日連続投稿】

 

言葉で「こうすればいい」は分かっても、実践するのは容易ではない。

 

分かるとできるの差はデカい。

 

分かるとできるの間には、

「分かって行動してもできない」もあれば、

「分かっても行動すらできない」もある。

 

前者と後者では、後者の方が難しいと感じる人の方が多いのではないだろうか?

 

行動してできなくても、繰り返していくうちに、できるに近づいていくが、行動すらしない人は一生かかってもできるに向かうことはない。

 

結果、できるようになるためには行動することを怠っては何も進まない。

 

だから、どうすれば行動できるか?を考えることも大切だし、まずはやってみることが最も大切なのだろう。

 

おわり。

no.2462 ~「なる早」を使うとなぜ良くないのか?~

2023.02.02 【2496日連続投稿】

 

仕事をしていると「なる早でお願いします!」と頼まれることがある。

「なる早」=「なるべく早く」ということだが、「なる早」と言われて困る経験をした人は多いのではないでしょうか?

 

なる早を使っていいのは、目の前にすでにやるべきことが明確で手を動かせば終わるような仕事の場合に限ると私は思っている。

 

まだやったこともなく、思考を働かせて複数の段階を乗り越えなければならない作業の場合、なる早は工程を作ることができないので、かなり困るからよくないのだと思う。

 

それは、読み進めている「外資系コンサルの知的生産術」(著:山口周)にも記載されていた。

 

品質ターゲットが決まったら、次にはっきりさせなければならないのが「使える時間」です。この段階で、アウトプットをいつまでに出さなければならないかを確認します。この場合、もっとも避けなければならないのが、いわゆる「なる早で」と言う指示です。

なぜダメなのか?

作業工程が作れないからです。

作業工程は期日が設定されて初めて設計することができます。「なる早で」などと言う指示を出されても作業工程の組み立てはできません。しかし残念ながら、こういう指示を出す管理職やリーダーが少なくない。恐らく本人自身がそういうブルドーザーのような非効率な仕事をやってきたのでしょう。典型的な「頑張っているのに評価されない」とグチをこぼすタイプです。

こういう人は自分がそういう辛い経験をしてきたので、同僚や部下にも同じことを強いるというとても困った傾向があります。しかし、こういう上司と同じことをやっていても、同じように非効率で評価されない仕事に人生の貴重な時間を費やすことになるだけです。皆さんがもしそんなんことを上司からいわれたら「なる早って、具体的にはいつのことですか?」と確認して必ず納期を明確化するようにしましょう。

 

外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』p.24~25

 

私自身も対外的な方や上司・同僚・部下に使わないようにし、逆に言われたら確認します。

 

おわり。

 

no.2461 〜体が疲れている時は心も疲れやすい〜

2023.02.01 【2495日連続投稿】

 

利用者と話していると、最近「体が疲れていると心も疲れてくるんだよね」と伝えていることが多い。

 

冬場は全体的に不調な方が多い印象があり、寒さで体力が勝手に奪われているのではないかと思ってしまう。

 

個人的にも今年で30歳。

20代前半の時の体力はない。

まだまだ走り続けるためにも、体は労わることができる時は労わっていこうと思う。

 

おわり。

no.2460 ~頭の使い方・体の動かし方が分かって初めて成果が出る~

2023.01.31【2494日連続投稿】

 

どれだけ頭がよくて学歴があっても、頭の使い方・行動の仕方ができていないと、仕事の成果は生まれない。

 

いくらアイディアがあっても形にしなければ、意味がない。

だからこそ、世の中には学歴がなくても社長として輝いている人もいるし、学歴があっても仕事が上手くいかない人がいるのだろう。

 

障害がある方の就労支援をしていると、頭を鍛える部分よりも行動を鍛える点に重きを置くことが多い印象がある。

それは、勉強が苦手・不得意という価値観の前提があることから起因していると思うが、仕事は結果行動してアウトプットしたことで初めて成果となる。

だから知的障害があっても、行動がしっかりできれば仕事ができるし、いくら能力があっても、調子を崩していて行動できない人は仕事ができなくなってしまう。

 

 

そんなことを思ったのは、今日から『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』(著:山口周)を読み進めているからで、本書では結果どう行動するかが重要だと言っている気がする。

私自身も考えて考えて行動するタイプで、本書から多く学び取りたい。

 

おわり。

no.2459 ~情報整理は時間がかかってもやったほうがいい~

2023.01.30 【2493日連続投稿】

 

何か上手くいかないことが起きた時に、早く気持ち的に楽になりたいから解決を急いでしまうのは、状況把握ができていない時は悪手だと思っている。

 

状況把握ができるまでは時間がかかってもいいからまずやる。

後回しにする意味の時間がかかるではなく、情報を得て整理するための時間があっていいという意味でその場での思い付きの言葉は危なさがある。

 

個人的には慎重にやるタイプだが、時間がかかっても次第になれてくるものだ。

 

おわり。

no.2458 ~言葉の限界を知ること~

2023.01.29 【2492日連続投稿】

 

人は言葉があるから、自由にコミュニケーションができると思ったら、落とし穴に落ちることになると思っている。

 

言葉の力を過信すると、同じ言葉でも人によって意味が全く異なることを見失う。

 

言葉の限界を知ることが、コミュニケーションを一歩先に進める。

当面、言葉によるコミュニケーションを探究する姿勢でいると思われる。

 

おわり。

no.2457 ~ベストを尽くさないことが、ベストを生む~

2023.01.28 【2491日連続投稿】

 

毎日ベストを尽くそうとして、出せる人もいるかもしれない。

しかし、ベストを尽くさないことが、ベストを生むこともある。

 

調子がイマイチの時に、その状況を鑑みずに、自己最高のパフォーマンスは発揮できない。

イマイチなりのベストを出せばいい。

その時のマインドとしては、ベスト出さず、最低限抑える点は何か?ということだ。

 

要所を抑えるためには、ある程度の経験が必要になり、上手くいかない中でどうした方がいいか?迷う局面に出くわさない分からない。

 

サポートする立場としては、経験が来るまで待つのもありだし、これまでと違ったやり方を提案することも一つの選択肢。

 

自分の関わりや声掛けがドミノの最初のピースのようになり得る自覚をもってやっていきたい。

 

おわり。

no.2456 ~正解主義について②~

2023.01.27 【2490日連続投稿】

 

正解主義について①の続きを書いていきます。

 

hiro22yasu13.hatenablog.com

 

正解主義は、昨年からちまちま読み進めていた『観察力の鍛え方』(著:佐渡島庸平)という本で出会った言葉だが、正解主義にハマらないことが重要だと強く感じたので、本書から部分的に印象して紹介したい。

 

正解主義の中にいると、「すること」にとらわれる。

何をすると、いいのか。どうすればいいのか。そういうことをずっと考え続けている。

自分は何をしたいのか?

そんな自問自答を繰り返す。「する」を積み重ねることで、夢を実現したいと考える。休日の予定ですら、「何をするか?」と考える。僕らは「する」ばかりを考えている。

「する」には、「する前」と「した後」がある。始まりと終わりで区切ることができて、「したこと」を観察しやすい。「したこと」が正解だったのかどうか、判断することができる。

あいまいさを受け入れることは、することに注目しないことだ。

することは「いること」の結果でしかない。「どういるか」を観察して、「あり方」について考えるのだ。

 

『観察力の鍛え方』p.210~211

 

「何をするかの前に、どうあるか?」が重要という話は、昨日入社して8ヶ月になるスタッフさんとの面談でも話題になった。

することばかり意識が向くと、心の余裕がなくなってしまう。

だから、することばかりに囚われず、まずは「自分がどういう気持ちでそこにいるか?」を最優先に目を向けることが、結果的に「いいすること」になるのだろうと思っている。

 

おわり。

no.2455 ~弊社のブログを紹介~

2023.01.26 【2489日連続投稿】

 

弊社のブログをかなり久しぶりにスタッフの岡本さんが更新してくださいました。

 

就職が決まり、働き始めて3週間が経った元利用者Tさんのことやうちの事業所が就職に向けてどんなサポートしてるかが、分かりやすく書かれています!

 

自分では書こうとすると、わからなくなってしまいますが、岡本さんがめちゃいい感じに書いてくださいました。

 

よかったら、是非ご覧ください。

piece-for-you.org

 

おわり。

no.2454 〜素敵なコメダ店員さん〜

2023.01.25 【2488日連続投稿】

 

弊社はスタッフ面談で、愛知県西尾市にあるコメダ珈琲今川店をヘビロテしています。

 

大体、夕方に私は活用させていただいており、店員さんの顔はもう覚えました。

 

今日もスタッフさんと面談していると急に西陽が眩しくなった時、眩しそうにした自分を見たのか、こちらが何も言ってないのにサッと、カーテンロールを下ろしてくださいました。

 

コーヒーよりも今日はこのシーンに価値を感じました。

 

おわり。