名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日のつれづれ no.1661 ~あざとくて何が悪いのか? あざとさをドレスコードする時代?~

2020.11.24 【1692日連続投稿】

 

毎週土曜日9時55分からテレビ朝日系で放送されている「あざとくて何が悪いの?」という番組がある。

 

MCは、南海キャンディーズ山里亮太さん、アナウンサーの田中みな実さん、弘中綾香さんが務めている。

 

個人的に、田中みな実さんが出るというだけで見始めた番組であるが、かなり面白い。

 

面白いを通り越して、学びになる。

 

さて、何が面白いのか?、何が学びになるのか?を考察していきたいと思う。

 

そもそも「あざとさ」とは何か?

「あざとい女」という言葉で耳にすることが多い、「あざとさ」。

「あざとさ」とは、辞書によると、「思慮が浅い。小利口である。」「押しが強くて、やり方が露骨で抜け目がない」と書かれています。

具体的には、以下のような場合に使うことが多いようです。

・男性に対して、上目遣い。

・異性に対して、自然なボディタッチをする。

・程よく肌を露出した服を着ている。

 

あざとさは、ポジティブ?ネガティブ?

あざといという言葉は、ポジティブな言葉で使われているのか?それともネガティブに使われているのか?

 

一見、あざといと称される方への妬み・ひがみで使用されることが多いです。

ちなみに、「あざとくて何が悪いの?」という番組は、あざとい女子や男子がこんなテクニックを使うよ、こういう行為はあざといと認定されるよ、という紹介をしつつ、あざとい行為が肯定される・世の中で生きていくための1つのスキルとして紹介されているのです。

 

あざといをドレスコードする時代?

「あざとい」は、相手を喜ばせたり、相手の土俵に乗るためのテクニックであると同時に、キャラになりつつある。

あざといも色んな場合があり、「あざとくて何が悪いの?」の番組で共通するのは「誰も傷つけない」といったことである。

誰も気づ付けずに、他人との距離を縮めたり、仲良くなるテクニックであり、性格が「あざとい」のではなく、あざといをドレスコードしているのだ。

 

仕事だから、明るくふるまう。

格式が高いパーティーだから、スーツやドレスを着る。

それと同じように「あざとさ」を身にまとうことがあるのだ。

 

「あざとさ」はあくまでも関係性の入口?

「あざとさ」を身にまとうのは、分かったという人もいると思うが、あざとさを突き通して生きていくのも大変だ。

相手との関係性を深めていくのは、どれだけ自分の素を適切に見せるかである。

素をいきなり見せていくことが、怖かったり、適切なタイミングが分からなかったりするから「あざとい」を使われる。

 

女子も男子も、あざとさだけでは、関係だけれは深まらない。

あざとさをまとって、相手の土俵に乗ってからは、どれだけ身にまとったものを脱いでいけるかなのである。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1660 ~数字をどう読み解くか?~

2020.11.23 【1691日連続投稿】

 

数字は嘘を付かないとは本当だろう。

 

1は1だし、

10は10だし、

100は100だ。

 

しかし、その数字の意味付けや、その数字が何を意味しているかで、その数字は変わってくる。

 

コロナの日々の感染者数と実行再生産数の数字。

 

会社の年商と利益の数字。

 

その数字が何を意味するかを知ってこそ、その数字が地に足を付くのである。

 

【本日の晩酌】

f:id:hiro22yasu13:20201123222723j:image

おわり。

本日のつれづれ no.1659 ~未来デザイン記録 ③現状把握(2020.09.27からstart)~

2020.11.22 【1690日連続投稿】(2016.03.22より)

 

私が通っている名古屋市中村区にあるセルフデザインスクール「寺子屋塾 中村教室」では、未来デザインというプログラムがあり、本日は先月の続きを行ってきました。

 

未来デザインとは??

未来デザイン考程は、事業や人生の未来像をデザインし、その実現に向けて取り組む計画を立案するための思考ステップです。

 未来デザイン考程は、最新の問題解決学を応用し開発されたものです。問題解決学が主にマイナス素材を扱うのに対し、未来デザイン考程はプラスの素材を扱います。

 

未来デザインの考程

①理念設定

②現状把握

③未来予測

④要所解明

⑤方法立案

⑥計画編成

本日は、③の未来予測を行いました。

 

未来予測の局面では、現在から未来を見通して、「最善の対応をした可能的な

未来」と「このまま成り行きでいったら...という未来」の2方向で描きます。

 

「最善の対応をした未来」を描くのは、自分の可能性の最大値を引き上げるとともに、「これくらいなら、現実的にいけるなという高確率で起こりうる未来」のギャップを自覚しておくためでもあると気付かされました。

 

ついつい、可能性が高い道を進んでいきたがりますが、ふと立ち止まって考えるときは考えてみた結果を再度分析すればいいので、 自分に制限をかける枷を外してみるのもありなのかもしれません。

 

【本日の晩酌】

f:id:hiro22yasu13:20201122175217j:image

おわり。

本日のつれづれ no.1658 ~余白をつくるには?~

2020.11.21 【1689日連続投稿】

 

余裕(余白)をいかにつくるか?というテーマで今日は書きたいと思います。

 

このテーマを今日書こうと思ったのは、ふと今テレビのドラマで男女が口論しているシーンを観て、「仲良かった時期もあれば、険悪になってしまう時期もあるのはなんでだろう?」と思って、余裕があるときは、相手に優しくできるが、余裕がないときは、優しくするのは難しかったり、やせ我慢になったりしてしまうということ。

※やせ我慢も重要だと思っているんですが、今日は一旦保留でお願いします。

 

さて「余裕があるときは、相手に優しくできるが、余裕がないときは、優しくするのは難しい」という前提に立った時に、考えることができる1つは「いかに自ら余裕をつくるか?」ということになりました。

 

時間的な余裕もあれば、精神的な余裕もあったり、様々な余裕がありますが、どれにも共通した考え方があるんじゃないかなと思うんです。

 

それは、余裕をつくることを目的とするかその他に目的を持っているか?で変わっていくということです。

 

例えば、夜寝る前に2時間は読書したり、ゲームをしたり自分の時間をつくろうという目的を持っているということは、すでに余白を消費する予定になっているということ。

それは実は、余白でも余裕でもないのです。

 

ハワイ旅行に行くために、50万円貯金しても、その50万円はハワイへ行ったら無くなってしまうわけで、金銭的な余裕を生みません。

 

だから、余裕を持つということは、その余裕を事前に使う目的や予定がないものが、余裕になるわけなのです。

 

だから、突然のトラブルにはその余裕や余白が使われるわけです。

 

言い換えるなら、目的やこだわりを持たずにいる部分を持っておくことかもしれません。

 

【本日の晩酌】

 

おわり。

本日のつれづれ no.1657 〜明日はオンライン教師塾やる予定です!〜

2020.11.20 【1688日連続投稿】

 

明日はオンラインで教師塾をやる予定です。

 

教師塾とは、教える立場にある全ての人=教師と捉え、教師が学び合うコミュニティです。

 

最近は特に、コミュニケーションや対話に関するコンテンツを重視しており、哲学対話やインタビューゲームを繰り返し行なっています。

 

今回は、哲学対話を行います。

詳細はイベントページよりご確認ください。

 

参加者が1名でもいらっしゃれば、恐らくやるでしょう!笑

第21回 教師塾 〜 てつがく対話をしてみよう~

 

【本日の晩酌】

東岡崎 明月 - 東岡崎/居酒屋 [食べログ]

おわり。

本日のつれづれ no.1656 ~株式会社ノースゲイトへ見学に行ってきた@御殿場~

2020.11.19 【1687日連続投稿】

 

本日は、代表のボブさん(大村)と同じ地域で障害福祉ニート、ひきこもりに関して動いておられる方々と出張で静岡県御殿場市へ。

 

訪問先は株式会社ノースゲイト様です。

www.northgate.co.jp

 

元々、教員をやられていた副社長の岡田さんが、学校教育の中だけではカバーできないこともやりたいことをきっかけに生まれた会社です。

 

現在は、全国からひきこもりの方々を全寮制で受け入れをしており、最初の数か月はご家族に費用を負担していただくものの、入寮して1か月後にはRICOH事務機器や電子機器メーカー)へ働くトレーニングとして派遣で働きます。

働き始めたら、自分で稼いだお金で家賃や食費などを払い、自立感覚を養っていくという大枠でやられています。

 

岡田さんのお話では、ひきこもりで来られる方の中で、なかなかの割合で精神障害者手帳を持っていたり、受診の結果で診断が出て障害者手帳を持つことになることが多いと聞きました。

 

10人いたら、8人はRICOHでのトレーニングで自立していくが、1人は就労移行支援(障害福祉サービス)、1人はB型事業所(障害福祉サービス)での支援になっているようです。

 

多くの学びがあったのですが、書ききれないので今後の具体的なヒントになるでアロことをまとめることにします。

 

①仕組化・マニュアル化・組織化を徹底

ノースゲイトさんのみならず、これまで様々な障害福祉サービス事業所や社会的に弱い立場の方々を雇用している企業さんに共通している部分は、「仕組化・マニュアル化・組織化」だなと今日で確信しました。

自分のやるべきであることが明確で、周囲がやるべきことに向かっている環境が整っており、いつでも確認しやすいことが重要。

難しいことを教えるよりも、凡事徹底。

当たり前のことを当たり前にできることが、強みになる。

 

②当事者意識

ノースゲイトにやって来られるひきこもりの方々は、自ら選択して来ていると聞いて、「それ、そもそも一番大切なことだな」と思いました。

おそらく、家族や周りの支援者などから最初は話を聞かれるのだと思いますが、最終的には自分の意志で来ていると聞きました。

基本、2年のプログラムで途中で辞められる方は、わずか2%ほど。

派遣先への出勤率も98~99%以上という実績が物語っていました。

 

③巻き込んでいく力

ノースゲイトさんの現在の仕組みができている大きな要因として、RICOHさんへ派遣で30名ほど働きにいっていること。

岡田さんは1年以上の時間をかけ、数か月毎日足を運び、関係性を構築されたようです。

私の仕事の障害者の就労支援も自社で完結することはなく、「企業さんをどれだけ巻き込んでいくか?」が今後の大きなテーマです。

どうやって関係性を築いていくのかという大きなヒントをいただきました。

 

来月から新事業リリースを控えている中で、1日かけて見学させていただき、最高なタイミングでした。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1655 ~年齢の差で語れないことがほとんどじゃないか?~

2020.11.18 【1686日連続投稿】

 

今日、利用者が「自分の年齢に近いあの人は自分上位互換で、あの人の年齢にあそこまで行ける気がしない。」とポロっと言っていた。

 

おそらく、その方はとても謙虚な方なので、あの人のことを立てるように言いたかった部分もあるだろうし、自分の自信のなさを伝えたかったのかもしれない。

 

だが、その言葉を聞いた私はかなり違和感を覚えたので、その違和感を紐解いていこうと思う。

 

①まず、大前提として人と比べる必要がない

私の価値観として人と人の価値を比べることに、全く価値を感じない。

価値は、だれとだれを比べても比べようがないほど、それぞれ価値がある人であるからだ。

廣安家の次男の役割は、イチロー本田圭佑でも担えない。私しかいないのだから。

 

②それでも比べるなら、年齢で比べることは適切ではない

どうせ比べてしまうのであれば、年齢を引けあいに出しても意味がない。

時間はだれに対しても平等だからである。

要は、平等に与えられた時間をどう使ったか?である。

言い換えれば、経験の差だ。

その経験の差があるのであれば、その経験をしていくしかない。

比べるあの人のように心からなりたいのであれば。

 

そんなことを思ったのである。

明日は早いので、今日はこれくらいにしておく。

 

【本日の晩酌】

f:id:hiro22yasu13:20201118222640j:image

 

おわり。

本日のつれづれ no.1654 〜現状を多面的に捉える力が、現状を切り開くことに繋がる〜

2020.11.17 【1685日連続投稿】

 

新型コロナウイルスの影響は日を追うごとに増すばかりで、

 

誰もが苦しい思いをしているのは言うまででもない。

 

しかし、誰もが苦しい状況の中でも、この荒波を乗りこなす人もいれば、溺れる人もいるのはなぜか?

 

それは、現状の捉え方の違いにある。

 

見方を変えて、「だったら、こうしてみるか」と思えるかどうか。

 

過去をおざなりにするわけではなく、過去にしがみつかず、今の波にのまれないようにするためには、現状を様々な視点から捉えることだ。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1653 ~しなやかな強さ「レジリエンス」とは?~

2020.11.16 【1684日連続投稿】

 

レジリエンス」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

レジリエンスとは、外からの強い力や衝撃に対しても、折れることなくしなやかに立ち戻ることができることです。

 

元々は、「外からの力の影響があっても、元に戻ることができる」という意味で使用されており、様々なシチュエーションで言われるようになりました。

 

人間だれしも、つらい経験や挫折を味わうことがあると思いますが、立ち直れたり糧に変えてさらなる成長ができるのは、レジリエンスの力が元々備わっているからと言えるでしょう。

 

元々、レジリエンスが備わっているのだから、下手に心を強くしようと思ったり、頑張って前を無効と思ったりしなくてもいいんだと思います。

 

誰しもが、その人それぞれのタイミングで前を向いて進んでいく力があると思っています。

 

【本日の晩酌】

休肝日。

 

おわり。

 

本日のつれづれ no.1652 〜来週はオンラインで教師塾をやります!〜

2020.11.15 【1683日連続投稿】

 

来週、11月21日(土)14時からオンラインで教師塾を行います。

 

教師塾とは、教員のみならず、誰かに対して教える立場にある人が学び合うサードプレイスです。

 

今回は、哲学対話を実施します。

哲学対話と聞くと、難しそうな話をするのでは、、、?

と思いがちですが、気軽に答えのない問いをみんなで話し合おう!というスタンスです。

 

気になる方は、こちらのFBのイベントページを参考にしてみてください♪

 

第21回 教師塾 〜 てつがく対話をしてみよう~

 

【本日の晩酌】

f:id:hiro22yasu13:20201115204736j:image

 

おわり。