名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日のつれづれ no.1397 〜分身を使って聞く〜

2020.02.20 【1427日連続投稿】

 

よく「聴く」ためには聞き手は一度、自分が白紙しなければなりません。しかし、これがなかなか難しいもので、人はそう簡単に自分を白紙にできないものです。

〜中略〜

白紙の状態で「聴く」といっても、自分そのものを白紙にする事は原理的にできません。そこで、聞き手としての自分を、「本来の自分」と「無色透明な分身」のニつに分けるイメージが役に立ちます。

つまり、「本体の自分」は残しておき、「分身」だけを相手に飛ばして、この「分身」が白紙の状態で「聴く」ことにするのです。

 

泉谷閑示「あなたの人生が変わる対話術」p.65〜66

 

おわり。

本日のつれづれ no.1396 〜決めてないから気持ちも決まらない〜

2020.02.19 【1426日連続投稿】

 

気持ちがあるから、

気合があるから、

頑張れる・続けられる・向かっていけるなあると思いがちであるが、

 

気持ちなんて不安定なものに依存していたら、それは決まらない。

 

やる気があるときだけ、頑張って

やる気がない時は頑張らない。

 

それは自分が歩みたい道は決まらない。

 

順序が逆で、まず決めてしまえばいいのだ。

 

決めたら、やることが前提になるのだから、やるために、やり続けるためにどうしていくのかを試行錯誤するだけなのだ。

 

なかなか思うように上手くいかないなと思っている人は、決められてないからじゃないのだろうか?

 

おわり。

本日のつれづれ no.1395 〜自分らしい苦労をしているか?〜

2020.02.18 【1425日連続投稿】

 

不安とか、悩みって絶対あるよね。

どんな時でも。

今、僕が感じている苦労は、自分らしい苦労なのだろうか?

大切な事は、自分の、自分らしい苦労を取り戻すこと。

苦労はなくならないけど、どうせ苦労するのならば、

自分らしい、自分の苦労をしたいね。

自分らしい苦労を取り戻す。自分らしい、苦労の先には、

必ず、自分らしい、自分の気づきが待っているから。苦労や問題がない人を目指すんではなくて、

自分らしい苦労をして、自分と向き合い続けている。

そして、どんな今をも受け入れる、

そんな人であり続けたい。

 

「学びのおむすび」発行者:塩坂太郎

 

苦労という概念をどう捉えているだろうか?

 

苦労なんかしたくない。

 

できれば避けたい。

 

だって、嫌だから。

 

でも、苦労を避けていてもそれなりの苦労はやってくる。

 

自分が向き合う苦労は、苦労した先に新しい自分があると思う。

 

新しい自分というのは、苦労した先にしかない。

 

むしろ、他人の苦労を奪い取らず、自分の苦労に向き合えよって時もある。

 

他人が苦労に安心して向き合える環境を作るのが自分の仕事だと思っているし、

 

自分自身の苦労をしっかりと向き合い続けていきたい。

 

そう言えば最近、おむすび通信読んでないな。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1394 〜スペシャリストでないからこそ〜

2020.02.17 【1424日連続投稿】

 

今の自分は、スペシャリストではない。

 

福祉を大学で学んだわけでもないし、企業で企業でビジネスを身につけたわけでもない。

 

しかし、障害福祉に携わり、企業とビジネスをさせていただいている。

 

スペシャリストであるという自負がないからこそ、「できないが根底」にある。

 

できないが根底にあるからこそ、全ての経験が学びになっている。

 

スペシャリストではないからこそ、とりあえず巡ってきたことはチャレンジしてみたからこそ、

 

福祉と企業を繋ぐジェネラリストになれればと思っている。

 

でも、そう思えたのも人の成長や学びに着目し、何より自分が学び続けようという姿勢を持とうと決めているからだろう。

 

たまに、かなりめんどくさい事や明らかに外れくじだわって思うこともないことはない。

 

しかし、それすらも考えずにやってみること。

 

やってみたからこそ、見えてくることはある。

 

やり続けていくと、取捨選択する目が養われてくるから、まずはやらないと分からない。

 

スペシャリストでないおかげだって思っている。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1393 〜1年丸々通してみた経験はでかい〜

2020.02.16 【1423日連続投稿】

 

現在、転職して2年目なんですが、1年丸々経験していると、その次が何が待っているのか分かるので、準備しようという感覚になりやすいです。

 

今は来年度の準備を少しずつ行っています。

 

まだまだ2年がようやく経とうとしているくらいで、色々とやらせていただいている中で、学ぶスピードが追いつかないのが正直な感想です。

 

時間をかけないと分からないところは分からないですし、やっぱり10年かけて一人前というのはそうなんだろうなって思います。

 

しかし、1年目の経験を2年目に活かせている実感もあるので、さらに飛躍した3年目にするべく今のうちからできる準備をしていこうと思います。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1392 〜大局と局所を上手く使い分ける〜

2020.02.15 【1422日連続投稿】

 

大局と局所を上手く見れるようになりたいなと思うこの頃です。

 

元々、局所に気になってしまうため、行き詰まる度に、少しずつ見える範囲は広がっていっているとは思います。

 

大局を見た上で、どんな一手が1番効果的なのか?

 

スピードも求めらることもあるので、常に把握できていればなと思う反面、大局ばかりをみようとしていたら、足元の局所がまずいことになっているなんてある。

 

バランスが大切なんだよなぁと思うし、局所を誰かに任せていくことも大切なんだと思っているこの頃です。

 

この感覚は今後もずっと磨いていく必要があるなって思います。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1391 〜記録を残す大切さを実感〜

2020.02.14 【1421日連続投稿】

 

今日は利用者と面談で「記録を残す大切さ」を実感しました。

 

面談内容としては、「最近頑張れていないと思うし、自分が前進しているのか分からない」という内容でした。

 

特に、働く体力がないことを課題としてあげており、頑張れていないと感じていました。

 

しかし、11月からの勤務時間を見てみると、着々と勤務時間が増えていて、11月と1月を比べると17時間も増えていました。

 

本人も「え、自分成長してる!」と実感していて、自分自身も意外でした。

 

人間の感覚は時には頼りになるかもしれませんが、不確かなものであり、

成長を実感するのも不確かになってしまいます。

 

こうやって記録を取ることで、見えてくるものがあるので、記録を残すことは大切なんですよね。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1390 〜編集は奥が深いわ〜

2020.02.13 【1420日連続投稿】

 

最近は、企業が顧客にインタビューしている音声を起こして、お客様の声として企業のHPに掲載する文章を作成する仕事をしています。

 

私がやっているわけではなく、うちの就労継続支援B型事業所の利用者にやって頂いてます。

 

その中で、難しいのが「編集」という作業です。

編集に答えはないですし、我々でも大変な作業です。

 

そもそも編集とはなんでしょう?

ふと思いつくのは、雑誌の編集や動画の編集なんて思い浮かびます。

私が思うに、広義的にいって「情報を繋ぎ合わせて、新しいものを生む行為」だと思っています。

 

例えば、授業のノートを取るのは編集だと思いますし、

人の話を誰かに説明するのも編集しているのだと思います。

 

しかし、授業のノートの取り方が生徒によって違うように、編集は行う人によって異なります。

 

一元化することができない行為なのです。

 

しかし、編集によって何を伝えたいのか、生み出したいのか?

 

これが分かれば、編集された形は違えど、編集を通して伝えたいことや生み出したい結果はズレないものになるのではないだろうか?

 

編集の形は決めることはできないけど、編集を通してどうしていのかに重きを置くことから考えればいい。

 

人と人の関係性も編集だなって思いますし、編集は奥が深いです。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1389 〜今月初めてのらくだプリント、これからはリマインダー使います。〜

2020.02.12 【1419日連続投稿】

 

今日、約4か月ぶりに来所してくれた利用者がいた。

一人暮らしで普段は読書に耽り、毎食自炊をしているという。

思わず、「順調だね」と答えてしまった。

 

以前の彼は、半分嫌々自分を押し殺しながら家族と過ごし、自由がないと嘆いていた。

まだまだ今の自分があるのは、周りの環境のせいだと思っている節があるかもしれないが、自分のできなかった料理に向きあい、毎日続けることで大きな変化をしていた。

 

私自身、毎日やる算数プリントが2月は全くやれておらず、今日久しぶりに取り組んだ。やればやっぱりやってよかったとなるんだけれども、いかに続けるかが課題であることにぶち当たる。

 

特に、ただ算数プリントみたいで、奥が深いらくだプリントは、自分と観察するツールとしては最適で、なかなか毎日自分を観察することから避けたい自分もいる。

 

疲れたし、まぁいっかぁ。など言い訳は山程ある。

 

自分もこの利用者も抱える課題根本は同じで、現れ方が異なるだけなのだと、そう思う。

 

明日からスマホのリマインダーを使ってらくだプリントの対策をしてみようと思います。

 

おわり。

本日のつれづれ no.1388 〜視野を広げるためには?〜

2020.02.11 【1419日連続投稿】

 

今日は介護や医療関係の方とお話しさせていただく機会が多かった。

 

私の仕事は細かく言うと、障害者福祉の就労支援となる。

 

しかし、人は生まれ育ち老いていく。

 

過程は違えど、基本的に大切なことも同じであり、起きる課題も似たようなこと。

 

視野が広がった1日でした。

 

おわり。