名前?苗字? ひろやすの生き様ブログ

「ひろやす」と聞いて、名前だと思われる方が大半です。

本日ののつれづれ no.504 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第8章-裸体と性-④〜

2017.08.16  【513日連続投稿】

 

 当時の日本人にとって、男女とは相違に惚れ合うものだった。つまり両者の関係を規定するのは性的結合だった。むろん性的結合は相互の情愛を生み、家庭的義務を生じさせた。夫婦関係は家族的結合の基軸であるから、「言葉の高貴な意味における愛」などという、いつまで永続可能かわからぬような観念にその保証を求めるわけにはいかなかった。様々な葛藤に満ちた夫婦の絆を保つのは、人情にもとづく妥協と許しあいだったが、その情愛を保証するものこそ性生活だったのである。当時の日本人は異性間の関係をそうわきまえる点で、徹底した下世話なリアリストだった。だから結婚も性も、彼らにとっては自然な人情にもとづく気楽で気易いものとなった。性は男女の和合を保証するよきもの、ほがらかのものであり、従って羞じるには及ばないものだった。「弁慶や小町は馬鹿だなァ嬶ァ」という有名なバレ句に見るように、男女の営みはこの世の一番の楽しみとされていた。そしてその営みは一方で、おおらかな笑いを誘うものであった。徳川期の春本は、性を男女和合と笑いという側面でとらえきっている。化政期には怪奇趣味や残酷趣味が加わるけれども、それも性自体のおそろしさ、その深淵のはらむ奇怪さを意識したものとはいえない。従ってサディズムマゾヒズムの要素も乏しい。刺激を求めて怪奇な趣向をこらそうとも、本質的にあっけらかんと明るい性意識がその根底にある。オリファントが彼らを「いくらか不真面目で享楽的な民族」と感じたのは、一理も二里もあるというべきだった。

 だが、西欧流の高貴な愛の観念と徳川期日本人の性意識は、いいかえるとハリス的な愛のリゴリズムと幕史のシニズムすれすれのリアリズムは、相打ちみたいなところがあって、どちらが思想的に優位であるか判定することはできない。この問題は伊藤整が名論文『近代日本における「愛」の虚偽』で論じたところで、いまの深入りを避けたいが、性を精神的な憧れや愛に昇華させる志向が、徳川期の社会にまったくといっていいほど欠落していたことが、日本人の性に対する態度になにか野卑で低俗な印象を結びさせているという事実には、やはり目をつぶるわけにはいかない。

 

渡辺京二『逝きし世の面影』p.321~322

 

おわり。

本日のつれづれ no.503 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第8章-裸体と性-③〜

2017.08.15  【512日連続投稿】

 

 そこでアリスは論ずる。「旅行者が夏、日本の田舎を通りすぎて、道筋の村々から溢れ出し、人力車がとまるたびにそれを取り囲む半裸の男女と子どもたちを目にする時、彼は、いったいこの国にはほんとうの文明が存在するのか、この半裸の者どもは文明人というより野蛮人ではないのかと、疑い呆れることがある。しかし、いたるところに上質な旅館があり、そこでは便所や食卓などのあらゆる設備がきわめて清潔で、サービスも丁寧でゆき届き、契約通りに仕事が進んで行われることを知った時、あるいはまた、外国人が休憩のために村の宿屋に立ち寄ると、光も空気も遮ってしまうほど大勢押しかけて、口を開けて見物している人びとにさえも、最も丁寧で快い行儀作法を見出す時、この国民の生活の特殊な面について以前くだした評価を訂正し、日本には、われわれ自身の文明とは多くの重要な点で異なってはいるが、たしかに高いタイプの文明が存在するのだと結論しないわけにはいかない、・・・日本人の尺度によると、たんに健康や清潔のためとか、せねばならぬ仕事をするのに便利だからというので、たまたまからだを露出するのは、まったく礼儀にそむかないし、許されもすることなのだ。だが、どんなにちょっぴりであろうと、まったく礼儀にそむかないし、許されもすることなのだ。だが、どんなにちょっぴりであろうと、見せつけるためにだけからだを露出するのは、まったくもって不謹慎なのである。前者の例としては、解放された浴室や裸の労働者、じめじめした季節に着物をまくり上げて下肢をむき出しにすること、夏に田舎の子どもがまったく裸でいること、暑い季節には大人さえも、家や周りや田園でちょっぴりしか衣服を身につけないのが必要とされていることがあげられる。後者の例としては、西洋の衣装がからだは完全に覆っているものの、腰から上の体型のあらゆる細部をあらわにしており、きれいな体型を見せつけようとしていることに、多くの日本女性が嫌悪を感じていることを申しあげておきたい。顎や二の腕を衆目にさらしている舞踏室の衣装について言うならば、日本女性は他人の面前で落ち着き払って入浴すはするけれども、多くの尊敬すべき欧米人が公衆の前に、そんなにもぶしつけななりをして現れると考えただけでも、羞恥の念にあえぐのである。われわれが日本人という人種には品性のセンスが欠けているとか、日本の女性は女らしい羞恥の本能をまったく欠いているとか結論づけるならば、それは実に性急な判断というものだ」。

 

渡辺京二『逝きし世の面影』p.311~312

 

おわり。

本日のつれづれ no.502 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第8章 -裸体と性-②〜

2017.08.14  【511日連続投稿】

 

 「『礼節』という言葉の正しい定義は何だろう」と問うのはティリーだ。「私が初めて日本の風呂屋へ入ったとき、そう私は自問した。あらゆる年齢の男。そして婦人、少女、子どもが何十人となく、まるでお茶でも飲んでいるように平然と、立ったまま体を洗っていた。そして実をいうと、入ってきたヨーロッパ人も同様に気にもされてないのである。スタール夫人は、ヘラクレスやヴィーナスの彫像を見ていて、同行の若い士官から、慎しみが大そう欠けていると思いになりませんかと尋ねられ、『慎しみがないというのは、見る方の目の問題なのね』と答えた。という次第で、日本の裸の礼節に何も怪しからぬ点はないと、私は考えることにきめた」。

 ヴェルナーもティリーとおなじく寛容派だ。彼は公衆浴場で「男、女、主婦、老人、若い娘、青少年が混浴するが、誰も当惑した様子がな」く、「主婦は三助に奉仕され体を洗ってもらうが、そのさい彼女たちは海水パンツをはいているわけでもバスローブをまとっているわけでもない」ことに、当然道徳的疑念を抱かずにはおれなかった。「教育があまりに上品である」日本人にどうしてこういう羞恥心の欠如がみられるのか。羞恥とは気候によって左右される概念なのだ。暑い日本の夏に、人びとが裸体になるのは無理もない。「二グロ、インディアン、マレー人については」、その裸体をべつに不思議がりはしないわれわれが、日本人の裸体姿からショックを受けるのは、日本人が「精神と肉体の両面でわれわれに近く」「交際する形式からしてもいかにもヨーロッパ風であり、一般に洗練され、折り目正しい態度」をとるからだ。日本人がわれわれとは「慎み深さや羞恥について別種の観念をもっている」ことがわかれば「異様で不愉快な衝撃」を受けずにすむ。

 

渡辺京二『逝きし世の面影』p.301~302

 

おわり。

本日のつれづれ no.501 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第8章-裸体と性-①〜

2017.08.13  【510日連続投稿】

 

 幕末来日した西洋人を仰天させ、ひいては日本人の道徳的資質さえ疑わせるにいたった習俗に、公然たる裸体と混浴の習慣があったことは広く知られている。日本は、西洋では特殊な場所でしか見られない女の裸が、街頭で日常的に目にしうるという意味でも「楽園」だったのである。

 ペリー艦隊に通訳として同行したウィリアムズは、1854(安政元)年の下田での見聞をもとに次のように断定を下した。「私は見聞したい異教徒諸国の中では、この国が一番みだらかと思われた。体験したところから判断すると、慎しみを知らないといっても過言ではない。婦人たちは胸を隠そうとはしないし、歩くたびに大腿まで覗かせる、男は男で、前をほんの半端なぼろで隠しただけで出歩き、その着装具合を別に気にもとめていない。裸体の姿は男女共に街頭に見られ、世間体なぞはおかましなしに、等しく混浴の銭湯へ通っている。みだらな身ぶりとか、春画とか、猥談などは、庶民の下劣な行為や想念の表現としてここでは日常茶飯事であり、胸を悪くさせるほど度を過している」。ウィリアムズは「この民族の暗愚で頽廃した心を啓示された真理の光が照らし得るよう、神に望み、かつ祈る」と日記に書くような、無邪気に傲慢な宣教師根性の持主だったから、日本の庶民のあけっぴろげな服装を、可能なかぎり歪曲して誤読したのは仕方ないところだった。だが、春画や混浴にこのピューリタンが嫌悪をおぼえたのはいくらか同情してよいだろう。

 

渡辺京二『逝きし世の面影』p.296

 

おわり。

本日のつれづれ no.500 〜渡辺京二『逝きし世の面影』第7章-自由と身分-⑤〜

2017.08.12   【509日連続投稿】

 

 日本人の間にはっきりと認められる、表情が生き生きしていることと、容貌がいろいろと違っているのとは、他のアジアの諸民族よりもずっと自発的で、独創的で、自由な知的発達の結果であるように思われる」というアンベール、「卑屈でもなく我を張ってもいない態度からわかるように、日本のあらゆる階層が個人的な独立と自由を享受していること」が東京の街頭の魅力だというバード、「日本人は男にふさわしく物おじせず背筋をのばした振舞いを見せ、相手の顔を直視し、自分を誰にも劣らぬものとみなす。もちろん役人は大いにそうだし、下層の者だってたしょうはそうだ」というジェフソン=エルマースト、「下層の人びtでさえ、他の東洋諸国で見たことのない自恃の念をもっている」というホームズ、「日本の駕籠かきは態度においていくらか独立不覊で、外国人をたかりのえじきとみなすという不愉快な習慣を身につけつつある」というスミス主教ー幕末から明治初期の日本人の独立心に富んだ態度・相貌についての、このような多様な証言を黙殺したりするのは、およそ史家のよくなしうるところではあるまい。

 つまり欧米人たちは江戸期の日本に、思いもかけぬ平等な社会と自立的な人びとを見出したのだった。実は、「専制」という彼らの先入観にこそ問題があったのである。専制という場合彼らの念頭にあったのは、かの悪名高い東洋的デスポティズムだったに間違いないけれど、このような概念ないしイメージ自体、彼らが東洋に対して押しつけたオリエンタリズムにほかならぬ上に、江戸期の政治体制ほどこの概念に遠いものはなかった。彼らが見たのは、武装した支配者と非武装の不支配者とに区分されながら、その実、支配形態はきわめて穏和で、被支配者の生活領域が彼らの自由にゆだねられているような社会、富める者と貧しき者との社会的懸隔が小さく、身分的差異は画然としていても、それが階級的な差別として不満の源泉となることのないような、親和間に貫ぬかれた文明だったのである。

 

渡辺京二『逝きし世の面影』p.289~290

 

第7章「自由と身分」は、第1章から散々証言として出ていた「誰もが皆幸せそうに満足している」という言葉が少し紐解かれた気がしている。

当時の欧米人のように現代人も「専制的な政治が行われた」と聞けば、どうしても差別が起こったり、階級的な世の中は下の者が生きずらいのではないかという幻想を抱いてしまう傾向にあると思うが、それは私たちの幻想に過ぎないのかもしれない。

問題は、制度的なところに潜んでいるのではなく、人々の「心」なんだろう。しかし、「心」と言っても、「心」とはなんだろうか。

吉本隆明さんは「心は自分と外界の中間にある」(私がなんとなく覚えている言葉でしかないことはご了承いただきたい)とおっしゃていたみたいだ。それは、人々の生き方であり、暮らしであり、様々な繋がりがあった上で、存在していたものだということは確かなんだと思う。

過去を知るということは、今そして未来を考えることになるんだと実感しています。

 

おわり。

本日のつれづれ no.499 〜24歳になりました。〜

2017.08.11  【508日連続投稿】

 

本日で私、24歳になりました。

 

誕生日というと、なんだかみんな祝ってくれらり、普段なかなか連絡を取らない人から連絡を頂いたりします。昨年、シェアハウスで同居している坂田さんが自分の誕生日は一年で最も「ありがとう」を他人に伝える日だって言ってましたが、その通りだなって思いました。

 

さて、24歳の誕生日は実家の広島県福山市に帰省し、祖父の7回忌の法要でした。

親戚の中では、2年前までは私が一番年下であったこともあり、今まであまり親戚の集まりという場がどうも苦手なイメージがありました。

しかし、今日はなんだか居心地がよい温かい雰囲気でいられた気がします。

廣安家の特徴として、親戚やら家族ぐるみでの集まりになるとやたら張り切ったり、凝ったものをやる傾向にあると私は思っています。

今回も父が祖父の写真を10分〜15分程の動画にまとめて上映しました。

 

そんなこともあってか、一人ひとり「祖父との思い出を語ろう」みたいな感じなり、みんな少しは話す時間がありました。

そんな中で、浮かび上がってくる祖父の生き様がありました。

農業をずっとやりながら、家族を養うために会社勤めもやり、農業は一生涯、会社も70歳過ぎまで勤め上げる、実直で真摯な祖父だったんだと聞きました。

 カッコいい祖父だったんだと思いました。

大好きな人と家族と元気に過ごし生涯を遂げれば、充分なんだと思い始めた自分にとって祖父についての話はとてもカッコよく映ったのだと思います。

 

24歳になっても、相変わらず「日々淡々と生きること」を大切にしていこうと思っています。

皆さん、これからもよろしくお願いします。

 

ちなみに、母親も今日が誕生日です。

今年は、いつもお世話になっているMOTHERHOUSEのWith Bagをプレゼントしました。

f:id:hiro22yasu13:20170811215109j:image

 

おわり。

本日のつれづれ no.498 〜人生初の燻製に挑戦しました〜

2017.08.10  【507日連続投稿】

 

昨日、人生初の燻製に挑戦しました。

f:id:hiro22yasu13:20170810165635j:image

2016年3月頃から友人から作り方を教えてもらったことがきっかけで、燻製してない生ベーコンを作り続けています。続けているとやはり「いつかは燻製をやってみたいなぁ」という気持ちになります。

ちなみに、市販で販売されているベーコンは燻製されています。

 

 生ベーコンはシェアハウス「サムハプ」に来てくださる方に時折振舞う度に、お世辞が含まれていると思いますが大変ご好評です。

しばしば作り方を聞かれるので、ざっくりとご紹介します。

 

①豚バラブロックに塩を塗り込む
→まな板で塗りこめると最高。
塩の感覚がなくなる程度に塗り込む。

岩塩をミルで挽く方は、もっとも細かい状態でやる。

f:id:hiro22yasu13:20170810164442j:image

 (⬆️これはまだ塩のザラつきがあるので、もう少し塗り込む)

 

②Lサイズのジップロックに入れる。
→密閉する。

f:id:hiro22yasu13:20170810164635j:image

③一晩寝かせる。(6〜8時間)

 

④クッキングペーパーの上に肉を置いて、ハーブソルトをまぶす。(写真はクッキングペーパー敷いてませんが。。。)
そのままお肉を包んで、密閉容器に入れて、3日間寝かせば、完成。お肉が大きい場合は、適当な大きさにカット。

f:id:hiro22yasu13:20170810164710j:image

《注意事項》

*必ず火を通して食べること!!
*粘り気出てきたら危険!!!

 

ただ焼いただけでしっかり味が付いてるので美味しいです。

f:id:hiro22yasu13:20170810165620j:image

 

流石に1年以上、消費しては作るを続けていると「燻製したい欲」が湧き上がってきました。しかし、日常だとアパート住みのため近隣の方々にご迷惑がかかりそうだなと思い、なかなか一歩を踏み出せずにいました。

 

そんな中、今年はBBQセットを揃えて、家から近い名古屋市千種区平和公園でBBQができるので、この機に燻製をやろうということで、やってきました。

初めてであまりにも余裕がなかったので、写真や動画で残せておりません。

ただ、大成功でした。

燻製した物をすぐ食べられますが、薫りがキツイため一晩寝かせると落ち着くみたいですが、我慢できずその日の晩に食べてしまいました。

ビールには最高でした。

f:id:hiro22yasu13:20170810171205j:image

 

というわけで、これからは燻製にも詳しくなろうと思っております。

食べたい方は、今度一緒にBBQやりましょう♪

 

おわり。